ほくろは綺麗に除去可能【ルフケアから病院まで様々】

女性

ほくろを除去する

ほくろ除去の施術を受ける際には、ほくろの色や形状にあった施術方法を選択する事が重要であり最適なクリニック選びをする事が大切です。技術面や費用面で総合的に判断してクリニック選びをする事によって、安心してほくろ除去の施術を受ける事ができます。

詳しく見る

顔に触れる女性

大きなものでも取り除ける

目立ってしまうほくろを取り除きたい、そんな願いを叶えてくれるのが美容整形でのほくろ除去施術です。施術の種類にはメスやレーザーを使用するものなど色々ありますが、ほくろの大きさによっても合う施術が異なるのでぜひクリニックで相談しましょう。

詳しく見る

看護師

流れや申し込み方法

ほくろ除去の手術では、カウンセリングが行われた後、実際に麻酔や手術などが行われるという流れになります。申し込みは、予約無しでOKの場合もありますが、予約が必要な場合はネットや電話でカウンセリングの予約を行います。

詳しく見る

医者

美容のために使える治療法

お肌の問題になるほくろは平らなものと、盛り上がっている種類があって除去で行われる手術にも違いがあります。ほくろは皮膚がんと似た特徴があって見分けがつきづらいため、気になるならば医師と相談して確認してもらうこともできます。

詳しく見る

意外と知らない美容の事

カウンセリング

コンプレックスを解消

ほくろは全身のどこでもできるものであり、知らない間にできている方や先天的にある方もいます。気になる部分にできていて、それがコンプレックスの原因になる場合もあります。美容整形外科や皮膚科等で除去する方法がありますが、そもそもほくろは除去してよいものなのでしょうか。ほくろは母斑細胞性母斑と呼ばれており、黒以外に肌色で隆起していたり太い毛が生えていたりするものなど様々あります。悪性腫瘍の場合も同じ様な見た目であり、この場合は除去する事が推奨されます。しかし見た目重視の理由で手術を受ける方が増えていますが、悪性ではないものをとっても良いのでしょうか。欧米では小さい頃から取り除く習慣があり、悪性腫瘍の予防として一般化されています。日本ではそんな習慣はなく、美的観点から近年増えてきました。ほくろは紫外線によるダメージの蓄積や老化現象などが原因と言われていますが、はっきりとしたメカニズムは解明されていません。しかし人体にとって必要なものではない事や、除去しても身体に影響はない事はわかっています。その為取り除いても問題はありません。時代と共に美的感覚は変動していますが、平安時代から白い肌というものは魅力的として捉えられてきました。そこに黒いほくろは目立つので、除去したいという希望は、昔からの希望と言えます。美容業界は発展を続けており、ほくろの除去方法はセルフケアから病院まで様々あります。セルフケアでは除去クリームやもぐさなどがあり、一番安い方法ではありますが効果には個人差があります。効果的に取り除く方法として、気になる方は病院を選択されています。病院での治療方法でも保険適用外の治療がほとんどです。悪性腫瘍などでない場合は、除去は治療とみなされないからです。治療方法は大きく分けて4種類あります。1つはQスイッチヤグレーザーと炭酸ガスレーザーといった治療です。美容目的の場合に一番よく選択される方法であり、費用は大きさや状態によりますが1万円程が平均となっています。痛みもなく傷跡もほとんど残らない特徴があります。2つ目で液体窒素による凍結法で5千円程が相場です。根の深くないタイプに使用されており、手軽に受けられる治療法です。麻酔を使用しないので少々痛みはありますが、短時間で済みます。3つ目でメス切除縫合があり、直径6mmを超える大きさの場合に行われる事が多いです。皮膚を切開して縫い合わせる方法であり、取り除いた組織を病理検体として提出する事ができます。悪性腫瘍の心配がある方に適していると言えます。4つ目に電気メスでほくろを薄く固めてかさぶたにして取り除く手法です。傷跡はほとんど残らない方法であり、1cmを超える大きなタイプに使用されています。電気メスと切除縫合共に1万円程が相場となっています。